神棚の祀り方


トップページ
 :: 神棚 :: 棚板 :: 土器セット :: 神棚が完成するまで

神棚の祀り方 :: お寺のない東白川村  マップ :: お支払い方法 :: お問い合せ


神棚

 

 家の精神的中心になり神聖な神棚は、清浄で静かな高所または、家族で親しみやすい明るい場所に、南向きまたは東向きにお祀りします。二階のある家で一階に神棚を祀る場合には、その上を頻繁に歩くような場所は避けます。

 神棚には、中央に神殿をすえ、左右にお榊は灯明具を置き、正面にしめ縄を張ります。

 神座は、正面中央を最上位とし、向かって右、左の順になります。中央には神宮大麻を、右には氏神様を、そして左には他の信仰する神社の御神札をお祀りします。小さな神殿の場合には、神宮大麻をいちばん手前にして、氏神様、その他の信仰神社御神札の順に重ねます。ご先祖の祖霊は神棚よりも少し下げて、別に設けましょう。

 御神札は毎年新しくお受けし、古い御神札は氏神様に納めます。


イメージ画像



戻る